木の仕事日記の最近のブログ記事

知り合いの人が働く施設で使うロッカーを作っています。
だいぶ前から板ハギに始まり、加工、組み立てと進めてきました。
壁の間に入るので外側はほとんど見えません。材料費を抑えるため正面以外はいろいろな樹種で、節があったりする材料で作っています。
大きいので二つに分けていますが並べて使います。
扉は白いのがエノキ、黒い方がエンジュです。扉のつまみはまだできていません。

加工が終わった脚などをきれいに仕上げてから組み立てました。
脚は接着剤で付けましたので取り外しはできません。それなりに大きいですが、運び込めないことは無い大きさです。
反り止めは金物と木ネジで付けています。天板の伸び縮みを止めない構造です。

あとは天板の表を仕上げて塗装すれば完成です。

クリのダイニングテーブルを作っています。
幕板が無い形で、天板に脚と反り止めを付けます。
脚のホゾなどの加工を終えました。部材の数は少なめです。

サクラでローテーブルを作ります。
片付ける時に脚は取り外しできるようになります。
反り止めと脚には金物を使いますので、それぞれに合った形に穴を作りました。
天板は2枚ハギで、軽くなるよう薄めにしてあります。


機械での加工が終わりましたので、まとめて作業しています。
それぞれの部材をきれいに仕上げてから組み立てました。組み立てはやり直しができませんのでいつも少し緊張しますが、無事に終わると形になるので達成感があります。

ヤマザクラのテーブルを作ります。
天板は4枚ハギで耳付きです。今回は板を見ていただいたお客様とご相談して、板の広い面(木裏)を上側にして使います。
辺材が少し多めですが、色のきれいなサクラです。

テーブルとイスの注文をいただきましたので、イスから作り始めました。
クルミを使ったダイニングチェア3で、このところ注文が続いています。
だいぶ作り慣れてきましたので、順調に進んでいます。今回から座板を少し薄くして軽量化してみようと考えています。
ホゾの加工と成形が終わり形が見えてきました。

小さめなクリのダイニングテーブルを作っています。
天板は2枚ハギで、左右対称な木目になるようにしてみました。
小さな穴等があるので、最後の仕上げに埋め木します。

無事に脚が組み上がって仕上げの作業をしています。
天板のカンナ掛けはそれなりに疲れましたが、削りやすいほうでした。
脚と天板、座板は金物で取り付けます。見たかんじは頼りないですが、板が反って困った事はありません。
脚はオイル塗装をしたので、色が変わっています。完成までもう少しになりました。

注文をいただいたダイニングテーブルとベンチを作り始めています。在庫のイスと共にセットで納品します。
天板、座板の板ハギのあと、脚の部材の加工を進めて組み立て前の仕上げまで終わりました。
テーブルはサクラ、ベンチはイスに合わせてクルミです。ベンチは貫があるので部材が多くなっています。

前の10件 |  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  |