木の仕事日記の最近のブログ記事

クルミでサイドボードを作っています。
見本品としてショールームで使います。
板ハギ、ホゾ加工、仕上げと作業をしてから組み立てました。
上に引き出し、下は扉になります。

_MG_2230.jpg
本体の組み立て後、引き出しの主な部材を加工して組み立てました。
まだ途中ですが、中に入ると引き出しらしいかんじになります。
まだ取っ手が無いのでスッキリとしています。
小さくても引き出しは手間がかかりますね。

在庫用に小引き出しを作っています。やや薄めのナラの板が結構あるので、それを使っています。
注文ではないので大きさや形は好きに作れますが、目的がはっきりしなくて難しいところもあります。今回は机において、上にプリンターが置けるサイズというかんじにしてみました。

組み立ててからヤスリがけなどの細かい仕上げをしました。
背板を後ろから付けて、塗装をして完成です。
塗装はオイルですが、焦げ茶色に着色しました。全体に落ち着いた色になり、木目がはっきりしています。

仕切りの板を入れる溝を作ってから、カンナとサンダーできれいに仕上げました。
組み立てはケヤキの部材だけで組みました。仕切り板と背板はあとから付けることにしたので、組み立てやすくなりました。

レコードを収納する棚をケヤキで作っています。
このケヤキは近所にあった木で、伐採した時に太い部分を製材しておきました。

板を削ってから接ぎ合わせて、必要な大きさの板を作りました。
主な部材のホゾ加工をして、仮組みしたところです。

仕上げた部材を組み立てました。オイルを塗って乾燥中です。
座面はオイルがしっかり乾いてから編んでもらいます。
イグサでの座編みは一度やったことがありますが、きれいに仕上げるのは難しいです。たまにやるくらいでは上手くできませんので、座編みのプロにお願いします。

座面をい草で編むスツールを作っています。
特注品なので、1脚だけで制作しています。
ホゾの加工まで作業が終わりました。
材料はサクラです。

本体は組み立てて塗装まで終わりました。本体だけだと結構軽いです。
引き出しの箱はホオで作っています。レールの金具を付けて、隙間を調整しました。
スライドレールの場合はガタつくことは無いので、やや大きめの隙間にしています。

衣類を入れる大きめのチェストを作り始めました。
材料はサクラを使い、框組の形です。
引き出しが重くなるかもしれないので、スライドレールを使います。
組み立ての途中まで進みました。

前の10件 |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  |