本体の組み立てが無事に終わりました。まだやることはありますが、ここまでくれば本体はだいたい完成です。
扉の部材のホゾや溝の加工を進めました。鏡板は大きいので2枚ハギになります。
棚板の板ハギなども進んでいます。



定番のようになってきている低い食器棚を作っています。
今回もサクラです。ガラスではなく、板戸になります。

板ハギなどをしてから必要な大きさの板を作りました。
それからホゾやホゾ穴、戸や背板のための溝などの加工をしました。
ここまでは機械での加工が多く、作業は速く進みますが失敗やケガをしないよう気を使います。

主な部材が形になったので、仕上げをしてから組み立てます。

テーブル、イスともに組み立てまで進みました。無事に形になりましたのでひと安心です。
テーブルは反り止めを付けてから裏面の塗装まで終わりました。
イスは補強のためのすみ木を付けてから塗装しました。座板の成形、ザグリなども終わっています。
あとはテーブルの表面を仕上げたら完成です。

ダイニングセットのテーブルとイスを作っています。
テーブルはサクラ、イスはクルミで作ります。イスは組み立て前まで進みました。形が決まっているのでだいぶ作り慣れてきました。
テーブルは大きさなどは毎回違いますが、形は前に作った物と同じなので順調に進んでいます。

扉の制作は組み立てまで進みました。
枠に入る鏡板は幅が小さめだったので、一枚板で作りました。

棚板のほうも出来てきていますので、完成まであと少しです。

食器や本などを入れる棚を作っています。小さめの同じ物を二つ作っていますので、状況に応じて配置を変更することができます。

クリを使って框組の本体を作りました。あとは棚板と扉がつきます。

二つの棚の扉を作っています。大きさは違いますが加工の手順は同じなので、まとめて作ると効率が良いです。
扉はいろいろな樹種を使います。全て国産の広葉樹ですが色の違いが楽しめます。
ホゾの加工を終えて仕上げまで進んでいます。枠に入る鏡板はオイル塗装まで終わりました。


キハダの棚も仕上げと組み立てまで進みました。
大きいので組み立てはそれなりに大変です。側板は片側づつ接着しました。木ネジも使用しています。
背板はアカマツの無垢材です。


ホオの棚は本体の組み立てまで終わりました。
まだ扉がありますが、キハダの棚を作り始めています。扉は構造が同じなので二つまとめて作ります。
板ハギとホゾ加工まで進みましたので、仮組みしてみました。

扉付きの棚の制作を始めました。
本体の材料はホオです。堅くないので加工はやりやすいです。
板ハギ、ホゾ加工と進めてきました。だいぶ形になってきています。

前の10件 |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  |